世界の高速鉄道の素晴らしさ

高速鉄道とは

日本には新幹線という大事な鉄道網が存在します。日本では新幹線といえば、すべて通用しますが、世界的にみると高速鉄道という名称を使うのが一般的です。200km以上の速度で走行する鉄道のことであり、知らない人も多くいますが、世界で初めての高速鉄道は新幹線でした。つまり、世界の高速鉄道の扉を開いたのは、日本の新幹線だったのです。今では、さまざまな国で運用が進められていますが、日本からスタートしたことを考えると、感慨深いものがあるでしょう。

現在では、高速鉄道ということで、技術の進化も早くなりました。定義としてもだんだんと甘くなってきているのは、技術進化が早いこともあるでしょう。200km以上も珍しいものではなくなり、現在ではリニアモーターカーも含まれるようになりました。専用軌道を利用することはありませんが、高速輸送ということで鉄道に含まれるのが一般的です。

現在のところ、有人最高速度はリニアモーターカーを含めて考えれば、日本で603km/hを記録しています。鉄輪式の場合には、フランスのTGVが記録した574.8km/hとかなりの速度を記録しているのです。日本でこうした速度が記録できるかといえば、それだけの直線を用意できませんし、安全にも影響するためにおこなわれていません。世界にはそれだけいろいろな高速鉄道があるのですから、いろいろと調べてみるのもいいでしょう。日本の新幹線のすばらしさもわかるようになるからです。